Blog

秋の彩り弁当

投稿日:

秋の運動会シーズン。

スーパーのBGMでかけっこの運動会ソング

「天国と地獄」がかかってると、買い物の気分も盛り上がります。

 

我が家は、ついにお弁当持参の運動会観戦もラスト。

子供のリクエストは、エビフライ、とんかつ、稲荷ずし・・・

あら~、みんな茶色いおかず。

それでも、美味しく見せるには色のチカラを借りれば大丈夫(*^^*)

 

また、20数年間、運動会やお正月に頑張ってくれた

お重箱を誤って食洗機にかけ蓋が壊れた(涙)

そんなアクシデントも彩りでカバーです(*´з`)

 

今日は、色と料理のおいしい関係について。

 

食欲をアップさせるのは何色でしょう?

オレンジなんです!

人がにぎやかに集まる団らんの色とも呼ばれています。

 

オレンジは、太陽の光を浴びて食べごろになる果物や野菜、

暖を取る火や光の明るさを感じる色ですね。

 

照明では、白熱灯の赤みのあるオレンジっぽい光の方が

蛍光灯の青っぽい光よりも料理を美味しく見せてくれます。

おしゃれなレストランの照明、オレンジがかって雰囲気もいいですよね。

 

あたたかいうちに食べるとおいしいハンバーグや

オムレツなどは暖色系(赤、オレンジ、黄)のお皿に盛ると

見た目の温かさが増して、ひときわおいしそうに見えるんです。

 

このようにオレンジは、食べる力を作る色ということになりますね。

 

逆に、寒色系の青は食欲減退の色と言われています。

自然界には青い食べ物はないですよね。

食べ過ぎずダイエット向き?

でも夏は青い色の器が使いたくなります。

青の心理効果でスッキリと見え涼しく感じるからですね。

冷たく食べるほうが美味しいお料理にもおすすめですね。

 

お弁当のようにいろんなお料理を盛り付ける場合は

隣や背景(入れ物)の色に影響を受けて、

元の色と違って見えることを利用しましょう。

 

みかんが入っているオレンジのネットやオクラの緑のネットは、

よりきれいで鮮やかに見せる効果(同化)があります。

 

お寿司のお皿、黒が使われることが多いのは、

ネタが鮮やかに新鮮に見せる効果(対比)があるからです。

 

そんな効果を楽しんで盛り付けてみましょう。

 

補色を隣り合わせにするのも効果的。

補色は美術で習った色相環の向かい合わせの色同士のことです。

 

サニーレタスの緑にプチトマトの赤、

パプリカの黄と紫玉ねぎなど

茶色いお弁当の彩りにいいですね。

 

色の効果で、食べる人の胃袋つかむ戦略です!

 

 

-Blog

Copyright© カラーズ・リールリール , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.